ホーム > 事業案内 > 文系事業

文系事業

書育・音育・植育(※平成27年度まで)

子どもの育ちを健やかに促すために、知性と感性を調和よく発達させることが必要です。そのために、次のような体験を提供することを目的としています。小学生が対象。

書育 言葉を手書きすることによって、きちんと思考すること、細やかに伝えることや受け止めることを体験し、基本的な思考力及びコミュニケーション力を育みます。
音育 楽器を使って、音を使いながら身体を動かし、他者と呼吸が一致することを楽しみます。そのことによって、言葉によらないコミュニケーション力を育みます。
植育 言葉を持たない植物を育てることで、思いやること、待つことや他者を守ることを体験し、愛情を基盤としたコミュニケーション力を育みます。

書育・音育・植育の事業報告

小学校外国語活動研修会(県教委等と協議の上、会場地を決定)(※平成27年度まで)

小学校の教職員に対して、児童が意欲的に取り組むための方法や手段、具体的な実践授業等の研修会を行うことで、外国語活動を実践するうえでの悩み等の解消を目的としています。また、必要な知識等を総合的に習得することで、小学校外国語活動における指導力の向上を図り、各学校における外国語活動が円滑に行われることを目的としています。

これまでの事業案内

長崎大学 地域教育総合支援センター

〒852-8521長崎県長崎市文教町1-14 tel 095-819-2184 fax 095-819-2314

Copyright(c) Nagasaki University General Support Center for Regional Education