夢・憧れ・志を育むリケジョ育成プログラム「夢セミナー」を実施しました

2016年07月01日
メイン画像

 6月11日長崎県立諫早高等学校にて、夢・憧れ・志を育むリケジョ育成プログラム「夢セミナー」を実施しました。

 「夢セミナー」は、リケジョ講師による講演と個別進路相談会、そして保護者・教員向けキャリアセミナーを通して女子中学生、高校生の理系への進路選択を支援する取組です。

 

 「夢セミナー」午前のプログラムは、リケジョ講師による講演会です。今回のリケジョ講師は、長崎大学病院 医療教育開発センター・消化器内科の松島 加代子先生、三菱重工業株式会社 総合研究所 強度・構造研究部 強度第一研究室の加藤 千香子先生です。

松島先生の講演「長崎Joy生活のススメ!」では、「あなたの夢はなんですか?そのために何をしますか?」という問いかけの後、先生がどのように夢を叶えてきたのか、高校時代から現在までの体験が語られました。その体験の中から生まれた3か条、「1.常に心を開いておくこと」、「2.回り道、失敗なんてない」、「3.省みること」を、これから進路を決める皆さんへのメッセージとしてお伝えいただきました。

加藤先生の講演「ものづくりとそれを支える研究開発技術」では、クイズを交えて、理系に興味をもったきっかけや、現在の仕事を選んだ理由、科学技術がどのように生活に役立っているのかを分かりやすく解説していただきました。また、研究者や男性ばかりの職場に対するイメージと実際はどうだったのかという感想や、女性が働きやすい職場にするための企業の取組みをお話いただき、リケジョの仕事場を知ることができました。

 

午後のプログラムのスタートは、諫早高等学校主催のワールドカフェです。

リケジョ講師、長崎大学の大学院生、留学生と女子高校生、先生、保護者の皆さんが、「10年後ステキな未来をつくるためにリケジョができること」というテーマで話合いました。未来について、理系について、女性であることについて考え、対話することで、自分の考えを確認し、人の考えを知り、新しいアイデアが生まれる活気に満ちたイベントになりました。

保護者・教員向けキャリアセミナー「次世代を担うガールズの夢を叶えるために」では、長崎大学 ダイバーシティ推進センター長の伊東昌子先生が、日本と世界の女性の社会進出の状況、理系に進むメリット・デメリットや課題等、リケジョについて幅広い視点でお話いただきました。

最後に個別進路相談会です。アドバイザーは、リケジョ講師、長崎大学の大学院生、留学生。それぞれの専門に分かれたブースに、次々に相談にやってくる参加者の皆さん。リケジョの先輩の話を聞いて、夢や憧れが見つかったでしょうか?キラキラした笑顔が印象的でした。

 

 

(このプログラムは、国立研究開発法人科学技術振興機構の女子中高生の理系進路選択支援プログラムの助成を受けて実施しています。)

  • 講演の様子

    講演の様子

  • ワールドカフェの様子

    ワールドカフェの様子

  • 個別相談会の様子

    個別相談会の様子

学校教育支援部門

社会教育支援部門

教育臨床支援部門

長崎大学

長崎県教育委員会

長崎大学 地域教育総合支援センター

〒852-8521長崎県長崎市文教町1-14 tel 095-819-2184 fax 095-819-2185

Copyright(c) Nagasaki University General Support Center for Regional Education